マンホールカード愛知県名古屋市

マンホールカード第一弾
配布先:名古屋市下水道科学館 
9:30~16:30に配布します。
月曜日と年末年始は休館日です。
愛知県名古屋市北区名城一丁目3-3 電話 052-911-2301
駐車場はありません。

上下水道局のイメージキャラクター「アメンボ」
CIMG0103.jpg 

アメンボマークのマンホール蓋が市内に登場したのは1997年です。アメンボマークは1992年、名古屋市の下水道供用開始80周年を記念した 一般公募で決まりました。デザインは横浜市在住のデザイナーによるもので、以来、市の下水道のイメージキャラクターとして幅広く活用されています。アメンボは俗にミズスマシとも呼ばれ、水のある所にすばやく飛んでいき、渓流などの流れのある水域でも生息します。日ごろ清らかな水環境で暮らすアメンボが、下水処理と雨水排水を主な仕事とする下水道に出逢い「ここなら住めるかな」と水の中をのぞき込んでいる愛らしい姿をデザインしたマンホール蓋です。
CIMG0106.jpg

名古屋市デザイン『イメージキャラクター・アメンボ』
110923-0360.jpg

マンホールカード第二弾
配布先:水の歴史資料館 
9:30~16:30に配布します。
月曜日と年末年始は休館日です。
愛知県名古屋市千種区月ヶ丘1丁目1-44 電話 052-723-3311
敷地内に無料駐車場有り。

堀川にかかる「納屋橋」
CIMG0108.jpg

平成24年に名古屋市の下水道が供用開始100周年を迎えたのを記念して制作したマンホール蓋です。市の上下水道局職員からデザインを 募集し、応募作品の中から3点を選定した後、上下水道モニターと「なごや水フェスタ」来場者による投票によって決定しました。デザインの モチーフになっているのは、市の中心部を流れる堀川の「納屋橋」です。納屋橋は400年以上も流域の発展を見守り続けた堀川の象徴であり 、名古屋市上下水道構想「みずの架け橋」のイメージに合致します。このデザインマンホール蓋はカラー版が市内に12か所、 彩色していないものが100か所ありますので、是非探してみて下さい。

 CIMG0110.jpg

名古屋市カラーデザイン『名古屋市下水道事業100周年記念』
堀川に架かる「納屋橋」
131019-096.jpg


 
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する