マンホールカード 高知県須崎市


マンホールカード第一弾
配布先:須崎市役所 建設課 (本庁舎2階)
平日8:30~17:15に配布します。
高知県須崎市山手町1-7 電話 0889-42-5193(代表)

山桜とカワセミ
ひまわり14 

須崎市の花「ヤマザクラ」と鳥「カワセミ」をモチーフにして、デザインされています。それまでのマンホール蓋は、単に市章を蓋の中心に置いたものでしたが、公共下水道事業に対する市民の意識向上を図るため、1989年からデザインマンホール蓋を使用することにしました。蓋の外周にヤマザクラの花を配置し、きれいな水環境に生息するカワセミを中心に置くことにより、公共下水道により生活環境(特に水環境)の改善をイメージできるデザインとしています。 
ひまわり14a 

須崎市デザイン 『カワセミ・桜』
130323-009.jpg




マンホールカード 高知県香南市C


高知県香南市C
マンホールカード第一弾
配布先:香南市役所 夜須庁舎
平日8:30~17:15に配布します。
 高知県香南市夜須町坪井219 電話 0887-55-3141 

黒松と夫婦岩
ひまわり21 

合併によって高知県香南市が誕生する前、旧夜須町が設置したマンホール蓋です。デザインのモチーフは、同町が町の木に制定した「クロマツ」と海、そして手結岬先端の灯台下に浮かぶ夫婦岩です。この夫婦岩は、単なる一対の岩ではありません。その姿形がほぼ同じ大きさをしていることから、全国的にも珍しい「男女同権型」の夫婦岩と言われています。しめ縄で結ばれた岩は、まるで自立した男女が向かい合い、永遠の幸せを誓い合っているかのようです。マンホール蓋のデザインは全体的に太い線で描かれ、とても力強い仕上がりになっています。 
ひまわり21a 

香美郡夜須町 カラーデザイン『夫婦岩・黒松』
140322-072_201607231955460f3.jpg


マンホールカード 高知県香南市


高知県香南市B
マンホールカード第一弾
配布先:香南市役所 香我美庁舎 
平日8:30~17:15に配布します。
高知県香南市香我美町下分646 電話 0887-55-2111

ミカンの花と町章
ひまわり05 

高知県香南市の旧香我美町地区は、北山みかんの山地として知られています。北山みかんの特徴は、ほどよい甘さと酸味のバランス、そしてビタミンが豊富で体に良いこと、などです。栽培の起源は安政2年(1855年)にまでさかのぼるといい、それから160年以上もかけて伝えられてきたみかん作りの技術は、山北の農家だけでなく、高知県民の誇りと言えます。そうしたことから、旧香我美町の町章は「かがみ」の”か”を図案に取り込み、みかんをイメージしてつくられました。その町章を中心にデザインしたこのマンホール蓋は、今となっては、旧香我美町の面影を残す数少ない存在となっています。 
ひまわり05a 

香美郡香我美町 デザイン『町章・ミカンの花』
130319-505_20160723200101dad.jpg



マンホールカード 高知県香南市A


高知県香南市A
マンホールカード第一弾
配布先:香南市役所 上下水道課 
平日8:30~17:15に配布します。
高知県香南市野市町西野2706 電話 0887-57-8512

ひばりと水仙
ひまわり04 

高知県香南町は平成18年3月、加美郡の5町村が合併して誕生しました。このマンホール蓋は、その合併前の旧野市町が設置したものです。デザインのモチーフになっているのは、当時、町の花と鳥に制定されていた「スイセン」と「ヒバリ」。カラー版の蓋は、旧野市町の中でも特定の場所にしか設置されておらず、ほとんどは色付けがされていない、いわゆる黒蓋と呼ばれるもの。また、現在の香南市の花・木・鳥は「みかん」、「センダン」、「めじろ」であるため、今後、このデザインの蓋が設置されることはほとんどありません。つまり、合併を機に、希少性が高まったマンホール蓋と言えます。
ひまわり04a 

旧香美郡野市町 カラーデザイン『ヒバリ・水仙』
130320-032_20160723195552f02.jpg




マンホールカード 高知県高知市


マンホールカード第一弾
配布先:高知市役所 上下水道局 
平日8:30~17:15に配布します。
高知県高知市桟橋通3-31-11 電話 088-821-9248

ニタリクジラと市章
ひまわり03 

高知市中心部の観光地で下水道をPRするため、2015年にマンホール蓋用のデザインとして募集し、グランプリとなった作品です。 高知沖を流れる太平洋の黒潮の波と土佐湾近海を回遊するクジラがデザインされています。ホエールウォッチングでの遭遇率が高いニタリクジラは、そのすらりと美しいボディーと優雅な泳ぎから「海の貴婦人」と呼ばれています。このデザインマンホール蓋は設置第1号で、高知市を代表する 「よさこい祭り」や「日曜市場」が開催される「追手筋」から一歩路地を入った「ひろめ市場」前に設置されています。ちなみにひろめ市場では「かつおのタタキ」などの高知の食とお酒を楽しむことが出来ます。

ひまわり03a 


マンホールカード 愛媛県八幡浜市


マンホールカード第三弾
配布先:道の駅 みなとオアシス八幡浜みなっと みなと交流館 
9:00~18:00に配布します。
愛媛県八幡浜市沖新田1581-23 電話 0894-21-3710

「はまぽん」と「みかん」
ひまわり28

地元のソウルフード”八幡浜ちゃんぽん”を広めるために誕生したゆるキャラ「はまぽん」と、特産品のかまぼこをモチーフにしたペット犬の「かまワンちゃん」をデザインしたマンホール蓋です。 背景には、日本の航空機の父・二宮忠八が明治時代に考案した「飛行器」、「みかん山」、 「トロール船」といった八幡浜ならではの風景を描きました。 ”健幸”のまちづくりを進める八幡浜市では、JR八幡浜駅から道の駅・みなとオアシス「八幡浜みなっと」まで続く千丈川沿いの道をウォーキングコースとして整備し、道標として本マンホール蓋を設置しています。
ひまわり28a 

八幡浜ちゃんぽんPRキャラクター『はまぽん』
150225-135.jpg 


マンホールカード 愛媛県宇和島市


マンホールカード第四弾
配布先:道の駅 みなとオアシス(きさいや広場内)うわじま 観光センター 
9:00~18:00に配布します。
愛媛県宇和島市弁天町1-318-16 電話0895-22-3934

牛鬼
ひまわり13 

宇和島市の祭りの花形「牛鬼」の顔を元にデザインしたマンホール蓋です。 牛鬼は、牛をかたどった大きな竹組の胴体に、長い首、鬼面の頭(かしら)、剣をかたどった尻尾を持ち、全身がヤシ科の植物シュロの毛や布で覆われています。 毎年7月22~24日に開催される「和霊大祭(われいたいさい)・うわじま牛鬼まつり」などの祭りで、数十人の若者に担がれ、長い首を打ち振りながら市内を練り歩きます。 本デザインのカラーマンホール蓋は、JR宇和島駅に近いアーケード商店街「きさいやロード」内とその周辺に設置されています。 中には色違いの蓋もありますので、じっくり散策してみてください。
ひまわり13a 

宇和島市カラーデザイン『牛鬼』
130325-197.jpg


マンホールカード 香川県丸亀市


マンホールカード第四弾
【平日】配布先:丸亀市役所 下水道課 
8:30~17:15に配布します。
香川県丸亀市大手町2-3-1(別館2階) 電話 0877-24-8850
 【休日】配布先:丸亀市観光案内所 
9:00~17:30に配布します。
香川県丸亀市新町6(丸亀駅構内) 電話 0877-22-0331

丸亀城の丸亀うちわ
170810-099.jpg 

現存木造天守十二城の一つに数えられる丸亀城。 その城下町として400年あまりの歴史を誇る丸亀市は、「うちわのまち」としても知られ、その生産量は全国の約90パーセントを占めます。 本マンホール蓋のデザインは、これら丸亀のシンボルをモチーフに制作したもの。 丸亀城は石垣の名城として有名で、大手門から見上げる天守は威厳に満ち、夕暮れの天守は優しさをまとって訪れる者の心を和ませます。 また、うちわのデザインには「丸亀城」、「朱赤に丸金印」、「立鼓(りゅうご:京極家の馬印でのちに船印となったものであり、旧丸亀市の市章でもあります)」がそれぞれ描かれています。
170810-100.jpg 

丸亀城付近
丸亀市 カラーデザイン『丸亀城の丸亀うちわ』
110616-0417.jpg

骨付鳥マスコットキャラクター『とり奉行 骨付じゅうじゅう』
170810-097.jpg 


マンホールカード  香川県観音寺市


マンホールカード第三弾
配布先:観音寺市役所 下水道課 
平日8:30~17:15に配布します。
香川県観音寺市坂本町1-1-1 電話 0875-25-6890

寛永通宝・銭形砂絵
170810-063a.jpg 

琴弾公園内にある寛永通宝の「銭形砂絵」をモチーフにしたデザイン蓋です。 銭形砂絵は白砂青松の有明浜に描かれた砂絵で、寛永10年(1633年)、当時の藩主だった生駒高俊公を迎えるために一夜にして作られたと 言われています。その大きさは周囲345mと巨大で、琴弾山の山頂から眺めた時にきれいな円に見えるように、楕円形(東西122m、南ぽく90m)に 作られています。銭形砂絵は、昔から、「一目見ると健康で長生きでき、お金に困らない」と言い伝えられ、近年ではパワースポットとしても 人気を博しています。観音寺市にお越しの際は是非、琴弾山からの眺望をお楽しみください。 
170810-063b.jpg 

配布先・カラー展示蓋
170810-061.jpg 

配布先・展示蓋
170810-055.jpg 

第五弾配布カード一覧と観光マップ
170810-063c.jpg 

デザインマンホール・缶バッジ
170810-192.jpg 

観音寺市デザイン『寛永通宝・銭形砂絵』
110615-0790.jpg


マンホールカード  香川県高松市


マンホールカード第三弾
配布先:瓦町FLAG -NAVISTA- (FLAG2階)
10:00~19:00に配布します。(水曜日休み)
香川県高松市常磐町1-3-1 電話 087-887-0300

扇の的・那須与一
170810-034.jpg 

平家物語から「扇の的」の一場面を切り取ったデザイン蓋です。平安時代末期、約6年間にわたって続いた源氏と平氏の内乱「治承・寿永の乱」。 その合戦の一つである「屋島の戦い」において、源氏側の武士・那須与一は、平氏側の船上に掲げられた扇の的を見事に射抜いたと伝えられています。 このデザインは、戦いの場であり、また昭和9年に国立公園として初めて指定された瀬戸内海国立公園に含まれる「屋島」を背景に、風、波、はためく扇、 今まさに弓を射ようとする与一を描いたもの。当時の緊迫感あふれる状況と弓矢の躍動感を巧みに表現したデザインです。
170810-035.jpg 

配布先マンホールカードの看板
170810-033.jpg 

高松市 カラーデザイン『扇の的・那須与一』
110617-0674.jpg


マンホールカード 香川県三木町


マンホールカード第四弾
配布先:三木町役場 上下水道課
平日8:30~17:15に配布します。
 香川県木田郡三木町大字氷上310 電話 087-891-3315

メタセコイア・町章・虹の滝・モミジ
170810-022.jpg 

三木町の記念樹である「メタセコイア」と県自然記念物である「虹(こう)の滝」をデザインしたマンホール蓋です。 「メタセコイア」は三木町出身の植物学者・三木茂博士が植物の化石から発見し、昭和16年に論文で発表した新種のセコイアです。 当初は絶滅したものと考えられていましたが、昭和20年に中国湖北省の奥地で現存しているメタセコイアが見つかり、「生きている化石」として有名になりました。 「虹の滝」は三木町の小蓑地区にある滝で、水煙が日光を受けて虹を描き出すところから名づけられました。 秋は紅葉も美しく、滝とのコントラスが見事な三木町を代表する景勝地の一つです。
170810-023.jpg 

三木町 デザイン『メタセコイア・町章・虹の滝・モミジ
110617-0036.jpg


マンホールカード  香川県流域


マンホールカード第二弾
配布先;中讃流域下水道大束川浄化センター
平日9:00~16:30に配布します。
 香川県綾歌郡宇多津町吉田4001-4 電話 0877-46-2025
---------------------------------00-------------------------
マンホールカード第二弾
配布先;中讃流域下水道金倉川浄化センター 
平日9:00~16:30に配布します。
香川県仲多度郡多度津町堀江5-10-1 電話 0877-32-6005

親切な青鬼君
170810-093.jpg 

香川県の観光マスコット「親切な青鬼くん」のデザインマンホール蓋です。親切な青鬼くんは、浜田廣介さんの童話『泣いた赤鬼』に登場する 青鬼をモデルに作られました。童話の中の青鬼は、友達の赤鬼を助けた後に人知れず旅立ってしまいます。童話はそこで終わるのですが、親切な 青鬼くんにはその後のストーリーがあります。それは、青鬼くんが香川県に立ち寄った折に讃岐のお接待の心(お遍路さんに対するおもてなし) に触れ、人々の温かさに感謝してこの地に住み着いたというものです。そして今では香川県の観光のアイドルとなり、主要駅前や観光地にモニュメントが 設置されています。
170810-094.jpg 

大束川浄化センター展示蓋
170810-092.jpg 

香川県デザイン『親切な青鬼君』
110616-0940.jpg

香川県観光マスコットキャラクター『親切な青鬼くん』
170810-095.jpg 

マンホールカード 鳥取県江府町


マンホールカード第三弾
配布先:道の駅 奥大山 
9:00~17:00に配布します。
鳥取県日野郡江府町大字佐川908-3 電話 0859-75-3648

大山・カリヨンタワー・アヤメ
170809-006.jpg 

別名・伯耆富士(ほうきふじ)とも呼ばれる秀峰「大山」(だいせん)を背景に、「カリヨンタワー」と「アヤメ」をデザインしたマンホール蓋です。 大山は中国地方の最高峰(標高1、729m)であり、この地域の気候や風土に大きな影響を与えています。 カリヨンタワーは、複数の鐘を組み合わせて配置した塔のことで、江府町内に2ヵ所建っていますが、そのうち「奥大山スキー場」の塔をデザインしたものです。 一方のアヤメは、高原の沢辺に群生をなす多年草で、初夏に色鮮やかな花を咲かせます。 その清楚・端麗な容姿が古くから町民に愛されており、昭和47年に「町の花」に制定されました。
170809-007.jpg 

道の駅 奥大山・展示蓋
170809-060.jpg 

道の駅 奥大山目の道路
江府町デザイン『大山・カリヨンタワー・アヤメ』
170809-058.jpg 


マンホールカード  鳥取県米子市


マンホールカード第四弾
配布先:米子市観光センター 
9:00~18:00に配布します。
鳥取県米子市皆生温泉3-1-1 電話 0859-35-0175

市の花・ツツジ
170809-064.jpg 

中央に米子市の「米」を図案化した市章をあしらい、その周りに市の花「つつじ」を大胆に散りばめた色鮮やかなマンホール蓋です。 つつじは万葉集に詠まれるほど日本人にゆかりが深く、旧米子市と旧淀江町ではそれぞれ市の花・町の花として、庭木だけでなく、公園や川、街道沿いに植えられて親しまれてきました。 そのつながりは両市町が合併しても途絶えることなく、つつじは今も市民の暮らしに寄り添うように咲いています。 毎年、ゴールデンウイークにさしかかる頃は、桜と交代でつつじのシーズンが到来。 恒例の「米子つつじまつり」などが開催され、街は一層華やかな雰囲気に包まれます。 
170809-065.jpg 

米子市観光センター 展示蓋
170809-071.jpg 

皆生温泉海岸通
米子市カラーマンホール『ツツジ・市章』
170809-105.jpg 


マンホールカード  鳥取県岩美市


マンホールカード第四弾
配布先:道の駅 きなんせ岩美 
9:00~19:00に配布します。
鳥取県岩美郡岩美町新井337-4 電話 0857-73-5155

城原海岸と松
170809-102.jpg 

岩美町は豊かな自然に囲まれ四季を五感で感じられる、海・山・温泉の町です。 山陰海岸国立公園及び山陰海岸ジオパークの中でも有数の景勝地として知られる「浦富海岸」は蒼く透き通った海に、洞門・洞窟・奇岩が風光明媚な景観をつくりあげています。 このマンホール蓋の図柄は、「浦富海岸」の中でも白砂青松の景観がひと際美しい「城原海岸」と町の木「松」をデザインしたもの。 日本海に浮かぶ島々は、春になると野生の菜の花によって黄色く彩られることから「菜種五島」と呼ばれています。 カラー版のマンホール蓋は海岸沿いの道路にしかなく、レアモノと言えます。
170809-103.jpg 

道の駅 きなんせ岩美・展示蓋
170809-101.jpg 

浦富海岸沿い
岩美町カラーデザイン『城原海岸と松
161021-012.jpg


マンホールカード  兵庫県伊丹市


マンホールカード第五弾
配布先:伊丹市上下水道局 整備保全室 管理課 
平日9:00~17:00に配布します。
兵庫県伊丹市昆陽1-1-2 電話 072-784-8072

昆陽池の白鳥・カモ
170808-038.jpg 

昆陽池(こやいけ)公園の「白鳥」と市の鳥「カモ」が泳ぐ姿をデザインしたマンホール蓋です。 昆陽池は奈良時代、名僧・行基によって築造され、農業用のため池として使われました。 その後、昭和40年代に伊丹市が一部を公園化し、昆陽池公園として生まれ変わったものです。 以来、人びとが憩う街中のオアシスとして、またカモや白鳥などの多くの水鳥が飛来する関西屈指の渡り鳥の飛来地として親しまれています。 本マンホール蓋の製作に当たっては、豊かな水環境を印章的に描くことにより、伊丹市の快適な暮らしや循環型社会を支える下水道の貢献を表現しました。 
170808-039.jpg 

伊丹市上下水道局・展示蓋
170808-036.jpg 

伊丹市観光パンフレット
170808-040.jpg

伊丹市カラーデザイン『昆陽池の白鳥・カモ』
080517-292.jpg

伊丹市上下水道局・展示蓋
170814-022.jpg 

伊丹市上下水道局・展示蓋
170814-023.jpg 

伊丹市上下水道局・展示蓋
170814-024.jpg 


島根県安来市マンホール②


安来市カラーデザイン『どじょうすくい踊り』
170809-074.jpg 

安来市 市章・ 2004年10月1日制定
『「安」を図案化したもの』
170809-079.jpg 

旧安来市 市章・1954年4月1日制定
『「安ギ」を図案化したもの』
170809-067.jpg 

旧安来市 市章規格蓋
170809-056.jpg 

安来市イメージキャラクター『あらエッサくん』
170809-084.jpg 

撮影日:2017年8月9日

マンホールカード  島根県安来市

安来市マンホールの記事は

マンホールカード第四弾
配布先:安来市観光協会 (観光交流プラザ内) 
9:00~17:00に配布します。
 島根県安来市安来町2093-3 電話 0854-23-7667

どじょうすくい踊り
CIMG0448.jpg 

ももひき姿に絣(かすり)の着物。 鼻あてをつけ、頭には豆絞りの手ぬぐい。そして、腰に魚籠(びく)をぶら下げ、ザルを手にした「どじょうすくい」のオヤジを描いたデザインです。 民謡・安来節に合わせて踊るどじょうすくいは、その名が示す通り、ザルでドジョウを掬う様子をユーモラスに表現した伝統芸能です。 ぬるりと逃げられたり、ヒルにかまれたり、苦労して捕まえるドジョウ。捕まえた時の満面の笑みは、見る者を幸せな気分にさせます。 本マンホール蓋のデザインもきっと、皆さんの心に温もりを届けてくれることでしょう。 どじょうすくい踊りは、安来節演芸館で楽しむことができます。 
CIMG0449.jpg 

安来市役所前の歩道
『どじょうすくい踊り』
170809-074.jpg 

『安来節・どじょうすくい踊り』の像
170809-054.jpg 




マンホールカード  滋賀県大津市

大津市マンホールの記事は

マンホールカード第五弾
配布先:大津市水再生センター 
9:00~17:00に配布します。
滋賀県大津市由美浜1-1 電話 077-522-5300

飛び跳ねまん蔵・大津光くんバージョン
琵琶湖花火大会・ミシガン・ユリカモメ
170805-006.jpg 

市制100周年記念マンホール蓋を2015年にリニューアル。 日本一の大きさを誇る湖「琵琶湖」を舞台に、大津市の花木鳥「叡山すみれ」、「山桜」、「ゆりかもめ」や外輪船「ミシガン」を描き、さらに「おおつ光ルくん」と「ホール・まん蔵」を加えた華やかなデザインとなっています。 湖上に打ち上がる花火は、大津の夏の風物詩「びわ湖花火大会」をイメージしたもの。 琵琶湖のロケーションを最大限活かした花火は一見の価値ありです。絵柄の制作にあたっては、当初はホール・まん蔵が花火とともに打ち上げられるデザインを候補に入れていましたが、投票の結果、現在のものに決まりました。
170805-007.jpg 

比叡山坂本駅前
大津市カラーデザイン『飛び跳ねまん蔵・大津光くんバージョン』
170805-009.jpg 

水再生センター展示蓋
170805-004.jpg 

水再生センター展示蓋
『市制100周年記念』
170805-005.jpg 

水再生センター壁画
市制100周年バージョン
170805-002.jpg 

淡海環境センター展示蓋
『飛び跳ねまん蔵・大津光くんバージョン』
CIMG0100_201708311321338c3.jpg



マンホールカード  大阪府大阪市B


マンホールカード第五弾
クリアウォーターOSAKA(株)本社 総務課 
平日9:00~17:30に配布します。
大阪府大阪市中央区船場中央2-2-5-233 電話 06-6121-6025

大阪城と桜
170808-019.jpg

大阪市の下水道は、豊臣秀吉による大阪城の築造と城下町の整備に併せて造られた背割下水がその原型となっています。 本デザインは、平成6年、大阪市近代下水道の事業着手100周年を機に誕生しました。中央に大阪城を配し、そのまわりをサクラと水流で飾りました。 大阪市の下水道を守る仕事(維持管理)は、平成29年4月より、新たに設立されたクリアウォーターOSAKA(株)が担っています。 「大阪市との両輪で下水道の未来を輝かしく支えてほしい」との想いで製造されたこの蓋は、従来のデザインと異なる着色が施され、クリアウォーターOSAKA本社近くの商店街入口に1枚だけ設置してあります。 
170808-020.jpg

大阪市カラーデザイン『大阪城と桜』
170808-021.jpg

大阪市デザイン『大阪城と桜』
170808-029.jpg