マンホールカード 埼玉県所沢市

マンホールカード第一弾
配布先;所沢市上下水道局(下水道維持課) 
平日 8:30~17:15に配布。 
埼玉県所沢市宮本町2-21-4 電話 04-2921-1022
「レオ」と「トコろん」
CIMG0613.jpg 

ご当地キャラクターとプロ野球マスコットがコラボレーションする日本初のマンホール蓋です。西部プリンスドームを背景に、埼玉西武ライオンズのマスコット「レオ」が投げて、所沢市のゆるキャラ「トコろん」が打つ!夢の対決がマンホール蓋上で実現しました。「トコろん」は、市の鳥「ひばり」と、航空発祥の地であることにちなんだプロペラ飛行機をイメージして考案されました。「レオ」はかの有名な漫画家、故・手塚治虫さんによりデザインされ、昭和53年から球団マスコットとして、活躍中です。所沢市は、子ラブマンホール蓋で市と埼玉西武ライオンズをPRし、盛り上げていきます。
CIMG0615_201706180013095f1.jpg 
 
「レオ」と「トコろん」
西武鉄道・西武球場前駅付近
170528-106.jpg 

所沢市上下水道局・展示蓋
170524-254.jpg


マンホールカード 埼玉県越谷市

マンホールカード第三弾
配布先;越谷市観光協会
午前9時から午後5時 ※休み 水曜日
 埼玉県越谷市レイクタウン四丁目1-4 電話 048-971-9002
シラコバトとケヤキ
CIMG0205.jpg

中央にデザインされている鳥は「シラコバト」です。「越ヶ谷のシラコバト」として国の天然記念物に指定されており、越谷を代表する 野鳥として、また、かけがえのない自然環境を守るシンボルとして「市の鳥」にも指定されています。そのシラコバトがとまっている木は 「ケヤキ」です。市内に多く育っており、大きな幹の上に枝を広げた雄姿がますます発展する越谷市にふさわしいことから「市の木」に 指定されています。このデザイン蓋は、汚水だけでなく雨水のマンホールにも採用されており、カラーのものとそうでないものがありますので、 ぜひ探してみてください。
CIMG0206.jpg 

シラコバトとケヤキ
東武鉄道・越谷駅東口歩道
170527-120.jpg


マンホールカード第四弾
配布先;観光物産拠点施設「ガーヤちゃんの蔵屋敷」 
9:00~20:00に配布
埼玉県越谷市弥生町505-2(東武スカイツリーライン越谷駅東口高架下) 
電話 048-940-5550
「ガーヤちゃん」と、越谷ねぎ
CIMG0197.jpg 

本デザインの主役は、越谷特別市民「ガ-ヤちゃん」。 市内にある「宮内庁埼玉鴨場」と特産の「越谷ねぎ」にちなんで考案されたご当地グルメ「越谷鴨ネギ鍋」のキャラクターとして誕生しました。 鴨がネギを背負い鍋に入ると哀愁漂う独特の装いから人気を博し、市民に愛され、親しまれている存在です。 このマンホール蓋は、日光街道第三の宿場町「越谷宿」の玄関口、越谷駅の高架下にある観光物産拠点施設「ガ-ヤちゃんの蔵屋敷」の目の前に設置されています。  “こしがや”の魅力を発信する「ガ-ヤちゃん」 を見つけたら、ウマイことが重なるカモ!?。
CIMG0198.jpg 

「ガーヤちゃん」と、越谷ねぎ
ガーヤちゃんの蔵屋敷・付近
170524-247.jpg 

下水道啓発リーフレット
170524-264.jpg 


マンホールカード 埼玉県行田市

マンホールカード第三弾
配布先;行田市郷土博物館 
9:00~16:00に配布
月曜日、祝日の翌日、毎月第4金曜日、年末年始はお休み
埼玉県行田市本丸17-23 電話 048-554-5911

忍城御三階櫓と菊・周囲にイチョウ
CIMG0605.jpg 

忍藩10万石の城下町を今に伝える忍城址のシンボル「御三階櫓」と、市の花「キク」を中央に配置し、周囲に市の木である「イチョウ」の葉を 並べたデザインとなっています。忍城は、関東七名城の一つで、豊臣秀吉(石田光成)の水攻めにも落城しなかったことから「浮き城」と 呼ばれています。現在の御三階櫓は1988年に再建され、行田市を代表する観光名所の一つとなっています。行田市は下水道の歴史が古く、 昭和25年に埼玉県内で3番目に下水道事業に着手しました。平成に入って新たな地区を整備する際、下水道に関心を持ってもらおうと、この市民に 親しみのある忍城のデザイン蓋を採用しました。
CIMG0607.jpg 

忍城御三階櫓と菊・周囲にイチョウ
行田市市役所周辺
170518-214.jpg 

マンホール所在地マップとカードケース
170521-105.jpg 


マンホールカード埼玉県吉見町

マンホールカード第三弾
配布先;吉見百穴発券所 
毎日8:30~17:00に配布
埼玉県比企郡吉見町大字北吉見324 電話 0493-54-4541

吉見百穴(よしみひゃくあな)と埴輪
 CIMG0626.jpg

吉見町の観光名所である吉見百穴は、今から約1、400年前の古墳時代後期から末期につくられた横穴墓群です。 明治20年に当時の東京大学大学院生だった坪井正五郎博士が発掘調査を行い、大正12年に国指定史跡となりました。現在、219基の 横穴が確認されています。吉見町のマンホールデザインは、町のシンボル「吉見百穴」をメインに配置するとともに、ここが古墳時代の史跡であることを アピールするため、埴輪を印象的に描きました。吉見百穴構内の埋蔵文化財センターには埴輪ぐくり等の体験コーナーもありますので、 是非チャレンジしてみてください。
CIMG0628.jpg 

吉見百穴(よしみひゃくあな)と埴輪
道の駅・「いちごの里よしみ・円形広場」付近
170517-436.jpg 


マンホールカード愛媛県新居浜市

マンホールカード第三弾
配布先;あかがねミュージアム 
9:30~17:00に配布します。 
ただし、月曜日と年末年始はお休みです。
愛媛県新居浜市坂井町二丁目8番1号 電話 0897-31-0305

「新居浜太鼓祭り」布団締めの「龍」と「房」
CIMG0213_20170606180629947.jpg 

「新居浜太鼓祭り」の太鼓台に取り付ける布団締めの「龍」と「房」(束ねた糸で雨を表現)をデザインしたマンホール蓋です。 新居浜太鼓祭りは、毎年10月15日から4日間開催される絢爛豪華かつ勇壮華麗な男祭で、四国三大祭りの一つに数えられます。 見どころは、重さ約3トンの巨大な太鼓台が集まって行う「かきくらべ」。 太鼓台の4本の棒(かき棒)に最大約150人の男衆(かき夫)がつき、太鼓台を担ぎ上げる技術や力強さを競います。 太鼓台から打ち鳴らされる腹に響く太鼓の音、かき棒にまたがって運行を仕切る指揮者の笛、揃いの法被に身を包んだ男衆のかけ声は、観衆の心を熱くさせます。
CIMG0214_20170606180630c44.jpg 
 
新居浜市デザイン
「新居浜太鼓祭り」布団締めの「龍」と「房」
110614-0745.jpg


マンホールカード愛媛県松山市

マンホールカード第三弾
配布先;坂の上の雲ミュージアム 
9:00~18:00に配布します。
ただし、毎週月曜日(休日の場合は開館)はお休みです。
愛媛県松山市一番町三丁目20番地 電話 089-915-2600 
(問い合わせ先) 下水道サービス課 電話 089-948-6898

「やぶ椿と井桁絣」
CIMG0221.jpg 

法興6年(596年)、道後に来浴した聖徳太子は、椿が生い茂る温泉郷の壮観なさまを見て、これを称える言葉を書き残したと伝えられています。 古くから松山の人びとに愛されてきた「椿=ヤブツバキ」は、昭和47年、市の花に選定されました。 本マンホールの蓋のデザインは赤や薄紅のヤブツバキを描き、花の周りには、日本三大絣(かすり)のひとつ「伊予かすり」の井桁文様をあしらっています。 制作は市政百周年記念事業(1989年)の一環として進められ、1991年に意匠の一部を修正して今に至ります。 松山市は歴史の深いまちで、小説『坂の上の雲』の舞台にもなっています。 マンホール蓋とともに史跡めぐりなどもお楽しみください。
CIMG0222_20170606174358347.jpg 

松山市デザイン「やぶ椿と井桁絣」
110612-0670.jpg


マンホールカード山口県山口市

マンホールカード第三弾
配布先;山口観光案内所(山口駅1階)
 9:00~18:00まで配布します。
山口県山口市惣太夫町2-1 電話 083-933-0090

「山口七夕ちょうちんまつり」。 
CIMG0209_20170606173017720.jpg 

このマンホール蓋は、毎年8月6日、7日の旧暦七夕に開催される「山口七夕ちょうちんまつり」の様子をデザインしたもので、カラー版は市内の歩道を中心に設置しています。 山口七夕ちょうちんまつりは、室町時代の守護大名大内盛見(おおうちもりはる)が先祖の供養のため、お盆の夜に笹竹に高提灯を灯したのが始まりとされています。 その歴史は現在に至るまで約600年続き、山口市の夏の風物詩となっています。 メイン会場の一つ、商店街のアーケードを飾るちょうちん笹飾りは、まるで光のトンネルのよう。 神輿や山笠などを含めると、使用されるちょうちんの数は数万個にのぼり、会場全体を幻想的に彩ります。
CIMG0210.jpg 

山口市デザイン『山口七夕ちょうちんまつり』
市内メイン通りの歩道上
yamaguti01.jpg 



マンホールカード広島県東広島市

マンホールカード第三弾
配布先;広島市観光案内所(JR西日本西条駅2階)
 9:00~17:00に配布します。
広島県東広島市西条本町12-3 電話 082-430-7701

「なまこ壁の酒蔵とレンガ造りの煙突」
CIMG0207.jpg 

なまこ壁の酒蔵に囲まれてレンガ造りの煙突がそびえ立ち、空には臨空都市を象徴するジェット機が飛び交う「酒都」の風景を描いたマンホール蓋です。 デザインは、東広島市が平成23年度に実施した一般公募寄せられた660点の作品から選定しました。 本デザインを採用した蓋は、本市西条地区の酒蔵通りに設置されています。 西条地区は名醸地の一つに数えられ、その歴史は江戸時代の初期から続いています。 西国街道の宿場町でもあったこの地の酒は、冷涼な気候、清冽な水、最良の米、妥協なく工夫を重ねる杜氏たちの精神と技によってブランドが守られ、世界中の日本酒ファンを魅了しています。
CIMG0208a.jpg 

東広島市デザイン『酒蔵通り』
西条酒蔵通り
160322-160.jpg



マンホールカード長野県 (流域下水道)

マンホールカード第一弾
配布先;長野県諏訪湖流域下水道事務所
平日8:30~17:15に配布します。 
土日、祝日、年末年始はお休みです。
 長野県諏訪市大字豊田字湖畔1866-1 電話 0266-58-2955
敷地内に駐車場あります。

信州諏訪・御柱祭
CIMG0150.jpg

諏訪地域に伝わる7年に1度の天下の大祭、信州諏訪・御柱祭がデザインされています。諏訪大社の社殿の四隅に4本の御柱を建てる「建御柱」の様子が描かれており、ここで、奥山から曳行されてきたモミの大木は御神木になると云われています。このデザインのマンホール蓋にはカラーのものと無色のものとがありますが、カラー版は主に歩道に設置しています。諏訪湖流域下水道事業は流域内7市町村からの下水を集約して処理している長野県の事業です。そのため上部には「諏訪湖流域」と明記して市町村の設置する流域関連公共下水道のマンホール蓋と区別しています。
CIMG0151.jpg 

信州諏訪・御柱祭
160426-013.jpg


マンホールカード第三弾
配布先;長野県犀川安曇野流域下水道事務所
平日8:30~17:15に配布します。 
土日、祝日、年末年始はお休みです。
 長野県安曇野市豊科田沢6709 電話 0263-73-6571
敷地内に駐車場あります。

 「常念岳と道祖神」
CIMG0148.jpg 

安曇野には500体を超える道祖神が祀られており、様々な場所で私たちの暮らしを見守っています。 本デザイン蓋は、その道祖神を描いたもの。 背景には、日本百名山のひとつ常念岳とその麓に広がる田園風景をデザインし、安曇野の「水の郷」を未来永劫引き継ぐ願いを込めました。 犀川安曇野流域下水道事業は、流域2市(安曇野市、松本市)の下水を集めて処理する長野県の事業であり、市のマンホール蓋と区別するため「犀川 安曇野」と記載しています。 このデザイン蓋は流域のいたるところで使われていますが、カラー版は少なく、見つけたカップルは幸せになれると言われています。
CIMG0149.jpg 

 「常念岳と道祖神」
160419-583.jpg


マンホールカード福島県白河市

マンホールカード第四弾
配布先;公益財団法人 白河観光物産協会
9:00~17:00に配布します。
福島県白河市郭内1-2  電話 0248-22-1147

国指定史跡名勝「南湖公園」と「小峰城跡」
CIMG0012.jpg 

南湖公園の千世の堤からの眺望を背景に、小峰城の三重櫓(やぐら)を描いたデザイン蓋です。 南湖は享和元年(1801年)、武士と民衆が共に楽しめる庭園として、当時の白河藩主・松平定信が築上したもので、現代の公園の先駆けとして知られています。 一方の小峰城は寛永6年(1632年)、初代白河藩主の丹波長重によって大改修され、本丸や二の丸が総石垣造りに生まれ変わるなど、名城としての風格をまといました。 その後、戊辰戦争「白河口の戦い」で大半を消失しましたが、1991年に三重櫓、1994年に前御門が木造で復元され、今では観光の見どころとなっています。 本デザインは、三重櫓の復元を機に制作しました。
CIMG0014.jpg 




マンホールカード愛知県一宮市

マンホールカード第四弾
配布先;尾張一宮駅前ビル(i-ビル)1階 観光案内所
10:00~18:00まで配布します。
愛知県一宮市栄3丁目1番2号 電話 0586-85-7030

市章に市の花「桔梗」
CIMG0146_20170606123046ef2.jpg 

一宮市の「市章」と市の花である「キキョウ」を組み合わせてデザインしたマンホール蓋です。 
背景にオレンジ色を配し、蓋の中心にあしらった市章から放射状にキキョウを描きました。 
ほん市章は、市の名称の由来となった尾張国一の宮である真清田神社の神宝五鈴鏡(ごれいきょう)をかたどったものです。 一方、キキョウは秋の七草の一つに数えられる多年草で、根は太く野山に自生し、品種によって草丈は1メートルにもなります。 また、育てやすく清楚な花を咲かせるため、古くから日本人に親しまれています。 市政70周年を記念して、1991年に制作しました。
CIMG0147.jpg 

市章に市の花「桔梗」をあしらったデザインです。
尾張一宮駅付近に敷設されています。
 170514-068.jpg


マンホールカード滋賀県流域下水

マンホールカード第二弾
配布先;淡海環境プラザ 
平日9:00~16:30に配布します。 土日、祝日はお休みです。
滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108番地 電話 077-569-5306
施設内に駐車場あります。

「琵琶湖とかいつぶり」
CIMG0126_20170606120816718.jpg 

 「琵琶湖」、「かいつぶり(県の鳥)」、「水上の船」をバランスよく描き、 それらを取り囲むように「山峰」を幾何学的にデザインしたマンホール蓋です。 日本遺産に認定された琵琶湖とその水辺景観は文学や芸術の題材にされることが多く、 古くはかいつぶりが万葉集に歌われたほか、江戸時代には歌川広重が「近江八景」として 描いています。近年はウォータースポーツの場としても愛されるようになった琵琶湖。 時を超え、いつの時代も豊かな恵みを与えてくれる存在です。 このデザインには、私たちが畏敬と思慕の念を込めて“母なる湖”と呼ぶ琵琶湖を、 未来永劫引き継ぐ想いが込められています 
CIMG0127.jpg 

 琵琶湖・かいつぶり・ヨット、周囲には比叡、比良の山並み
080614-025.jpg

小冊子「あなたのまちのマンホール蓋」
CIMG0129.jpg

施設内展示マンホール
CIMG0454.jpg 

淡海環境プラザ前のカラーマンホール
090315-122.jpg


マンホールカード滋賀県草津市

マンホールカード第三弾
配布先;草津宿街道交流館
09:00~17:00に配布。
月曜日・祝日の翌日はお休みです。
滋賀県草津市草津三丁目10-4 電話 077-567-0030

浮世絵師・歌川広重の作品「東海道五拾三次之内草津」
CIMG0124_20170606120059070.jpg

稀代の浮世絵師・歌川広重の「東海道五拾三次之内草津」を模写したマンホール蓋です。 江戸時代後期の草津川の渡しの様子が江戸側(東側)から見た視点で描かれており、対岸には東海道と中山道の分岐点にあたる草津追分の常夜燈が 確認できます。草津宿は東海道五十三次の五十二番目の宿場町で、東海道と中山道が分岐・合流する交通の要衝として栄えました。 当時の大名や公家などが利用した宿泊施設は本陣と呼ばれ、現存する施設としては全国最大規模で市内に残されており、 有料で一般公開もされています。本マンホール蓋は東海道のわき道にありますので、探してみてください。 
 CIMG0125.jpg

草津市デザイン『東海道五拾三次之内草津』
草津宿周辺
150715-163.jpg


マンホールカード奈良県斑鳩町

マンホールカード第三弾
配布先;法隆寺iセンター
毎日8:30~18:00に配布します。
奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1-8-25 電話 0745-74-6800
iセンター横に無料駐車スペース有り。

「竜田川」と「もみじ・黒松・山茶花
図柄の周囲は万字くずしをデザイン
170426-049a.jpg 

斑鳩町は、豊かな自然に恵まれた歴史と文化遺産の町です。世に名高い「斑鳩三塔」は、法隆寺の五重塔、法輪寺の三重塔、 法起寺の三重塔の総称で、三塔を巡るコースは観光の定番です。本マンホール蓋の図柄は、斑鳩の風景を代表する「塔」に加え、 在原の業平や能因法師など多くの歌人に詠まれた「竜田川」と「もみじ」、そして町の木「黒松」、町の花「山茶花(さざんか)」を 題材に構成しています。図柄の周囲は、お寺で使われている万字くずしをイメージしてデザインしました。 竜田川は古今集にも登場する「町の宝」であり、その清らかな流れを守る想いがあふれたマンホール蓋です。
170426-049b.jpg 

斑鳩町デザイン『塔・竜田川・モミジ・サザンカ』
法隆寺付近のタイル歩道
071007-172_201705081013484e5.jpg 




マンホールカード奈良県大和郡山市

マンホールカード第二弾
配布先;大和郡山市上下水道部庁舎(2階 下水道推進課)
平日9:00~17:00に配布します。
奈良県大和郡山市植槻町6-10 電話 0743-58-5600
敷地内に無料駐車場有

「金魚鉢の中を元気よく泳ぐ金魚」
170426-060b.jpg 

大和郡山市の代表的な地場産業である「金魚養殖」の金魚が、金魚鉢の中を元気よく泳ぐ姿を図案化して製作したマンホール蓋です。 美しい水環境のシンボルとして、1989年から使用しています。大和郡山市の金魚養殖は享保9年(1724年)、柳澤吉里候が甲斐から 大和郡山へ入部したことに端を発すると伝えられ、幕末には藩士の副業として盛んに行われるようになりました。 それ以来歴史を積み重ね、今では毎年4月上旬に金魚品評会が桜花爛漫の郡山城址内の柳澤神社で行われるほか、 8月下旬には金魚スクエアで「全国金魚すくい選手権大会」が開催されるなど、大和郡山の風物詩になっています。
170426-060d.jpg 

大和郡山市上下水道部庁舎・展示マンホール
170426-052.jpg 

大和郡山市デザイン『金魚鉢で泳ぐ金魚』
090419-088.jpg

マンホールカード第四弾までの全種一覧
170430-06.jpg 




マンホールカード大阪府和泉市

マンホールカード第三弾
配布先;和泉市いずみの国観光おもてなし処
10:00~18:00に配布。ただし、月曜日(祝日は翌日)はお休みです。
大阪府和泉市府中町一丁目19-9(JR和泉府中駅前) 電話 0725-40-5552

「カワセミ」と「湧水」
170425-016b.jpg 

湧き出る泉を泳ぐ魚たちを見つめ、一羽たたずむ青い水鳥・かわせみ。 和泉(いずみ)という市名から、清らかな水辺をイメージして製作したデザイン蓋です。 かわせみは青く鮮やかに輝く姿から「空飛ぶ宝石」と呼ばれ、水のきれいな場所に生息する生態にちなんで、 その存在は環境のバロメーターと言われます。和泉市は、暮らしやすさと豊かな自然の調和をめざし、市内に生息するかわせみも、人も、 「ずっと住み続けたい」と願うまちづくり・環境づくりに取り組んでいます。そんな強い想いの込もった「幸せの青いマンホール」を みなさんも探してみてください。 
170425-016c.jpg 

和泉市デザイン『カワセミと清流』
JR和泉府中駅前の歩道
170425-023.jpg 

マンホール設置場所の地図
170425-053.jpg 
 



マンホールカード大阪府高石市

マンホールカード第四弾
配布先;大阪府立臨海スポーツセンター(管理事務所)
9:00~21:00に配布します。
大阪府高石市高師浜丁6-1 電話 072-268-8351
駐車料金、1時間までごとに100円

「羽衣天女」よ「波」と「松の葉」
170424-378a.jpg 

古代から風光明媚な白砂青松の景勝地として知られ、多くの和歌に詠み込まれている高師浜。 大正から昭和初期にかけては、東洋一の海水浴場として年間約百万人の観光客で賑わいました。 また、広大な松林を誇る浜寺公園には、かつて”羽衣の松”という名松が存在したことから、沿岸部の地名「羽衣」の由来にもなっており、高石市では羽衣天女をブランドイメージに「天女の住まう街」として様々なシティプロモーションに取り組んでいます。 本マンホール蓋のデザインは、そんな往時の天下に知られた風景を偲び、美しい海岸の波模様、市の木でもある松の葉、羽衣天女を図案化したものです。  
170424-378b.jpg 

高石市デザイン『羽衣天女』
大阪府立臨海スポーツセンター前の歩道
170424-377.jpg 



マンホールカード大阪府堺市

マンホールカード第一弾
配布先;堺市上下水道局庁舎 1階庁舎ご案内窓口
平日9:00~17:30に配布します。
大阪府堺市北区百舌鳥梅北町1-39-2 電話 072-250-9208
敷地内に駐車場があります。

「南蛮船と旧堺灯台」
170424-070a.jpg 

堺市政100周年を記念して、1988年に旧堺灯台と南蛮船をデザインしたマンホール蓋を作成しました。中世の堺は貿易港として黄金の時代を迎え、対明貿易や南蛮貿易など海外との交流拠点として発展しました。その時代に堺を行き交った南蛮船がモチーフとなっています。また、マンホール蓋に描かれている旧堺灯台は、明治10年に築造された高さ11.3mの六角錐形の灯台です。建造から約一世紀の間、大阪湾を照らし続けていましたが、臨海部の埋め立てが進み、昭和43年に役割を終えました。現存する日本最古の木造洋式灯台として国指定史跡になっています。 
170424-070b.jpg 

堺市上下水道局庁舎・展示マンホール
170424-069.jpg 

堺市デザイン『南蛮船・旧堺灯台』
170425-320.jpg 



マンホールカード大阪府富田林市

マンホールカード第四弾
配布先;富田林市役所 上下水道部 下水道課
平日9:00~17:30に配布します。
大阪府富田林市常盤町1-1(2階) 電話 0721-25-1000(内線262)
駐車券提示で無料になります。

「金剛・葛城山系と旧杉山家住宅」、  
市の木「くすの木」、市の花「つつじ」
170425-362b.jpg 

市域を貫通する一級河川・石川。 そして、富田林にゆかりのある楠木正成の家紋「菊水」をイメージした流水紋。 この2つを組み合わせて空に見立て、背景に金剛・葛城山系、手前に重要文化財「旧杉山家住宅」と市の木「くすの木」、市の花「つつじ」を描いたマンホール蓋です。 杉山家は富田林発祥の地「富田林寺内町」の創設に関わった旧家の一つ。 現存する家屋は寺内町で最も古く、江戸時代中期の大規模商家の遺構として、国の重要文化財に指定されています。 文化と歴史と自然の融合によってデザインされた本マンホール蓋は、「市民の協力と連帯のもと、伸びゆく富田林市」を表現しています。
170425-362c.jpg 

富田林市役所 上下水道部・展示マンホール
170425-362.jpg 

富田林市デザイン『寺内町・旧杉山家住宅』
とんだばやし観光交流施設 きらめきファクトリー前
170425-367.jpg 

とんだばやし・寺内町パンフレット
170430-02.jpg 


マンホールカード福島県郡山市

マンホールカード第二弾
配布先;郡山市開成館
10:00~16:30に配布します。
福島県郡山市開成三丁目3-7 電話 024-923-2157

「山」を図案化した郡山市章で、そこに市の花「ハナカツミ」、
市の木「ヤマザクラ」、市の鳥「カッコウ」を 描いています。

CIMG0020.jpg 

郡山市の下水道は1958年に事業を開始しました。 現在のマンホール蓋のデザインは、1980年に郡山市片平町に在住する主婦の手によって誕生したものです。当時は市章をあしらい、内側8個、 外側12個の穴があいた形式の蓋を使用していましたが、下水道の重要性の周知と街の美化を目的に蓋のデザインを公募し、優秀作に輝いたのが この作品です。デザインのベースは「山」を図案化した郡山市章で、そこに市の花「ハナカツミ」、市の木「ヤマザクラ」、市の鳥「カッコウ」を 描いています。カラー版の他に一色でつくられたマンホール蓋もあり、駅前を散策すると見られるかもしれません。
CIMG0022.jpg 

郡山市デザイン『市章・ハナカツミ・ヤマザクラ・カッコウ』
郡山駅・陣屋通り付近
150626-005.jpg  


マンホールカード第二弾
配布先;湖南公民館
8:30~17:15に配布します。
祝日、第三日曜日、年末年始はお休みです。
福島県郡山市湖南町福良字家老9390-4 電話 024-983-2543

勇壮な姿の「磐梯山」と 天鏡湖と呼ばれる「猪苗代湖」を背景に
馬入新田の湿原に群生する清楚な花「水芭蕉」を表現したもの

CIMG0016.jpg

郡山市湖南町の下水道は、「特定環境保全公共下水道」といって、 猪苗代湖の水質改善を目的に、2002年に共用開始しました。その環境への想いを込めて制作したのがこのマンホール蓋で、勇壮な姿の「磐梯山」と 天鏡湖と呼ばれる「猪苗代湖」を背景に馬入新田の湿原に群生する清楚な花「水芭蕉」を表現したものとなっています。湖南町の観光名所のひとつ 「布引風の高原」に聳え立つ風力発電は圧巻の一言で、そこから臨む猪苗代湖と磐梯山も絶景です。加えて、日本遺産に認定(2016年4月)された 猪苗代湖を水源とした「一本の水路」のストーリーには、安積開拓に懸けた先人の夢が偲ばれます。 
CIMG0018.jpg

郡山市湖南町デザイン『磐梯山・猪苗代湖・水芭蕉』
湖南町・猪苗代湖付近
150626-397.jpg